パケットマイレージとは?!

イー・アクセスから社名を「ワイモバイル」に変更し、新生ワイモバイルは格安月額料金などで営業攻勢を開始しました。その営業攻勢の目玉の一つがパケットマイレージ。航空会社のマイレージプログラムを参考に作られた、パケットマイレージはYahoo! JAPANのウェブサイトへのアクセスかYahoo! JAPAN専用アプリの起動を行えばマイルが貯まり、マイルに応じて翌月の利用データ量(通信できる上限)が増加するという仕組みになっています。

 

パケットマイレージの増やし方

パケットマイレージ 賢く通信制限をアップする裏技とは?!

Yahoo! JAPANに1日1回アクセス(もしくはアプリの起動)するごとに、Sプランだと1マイル、Mプランだと3マイル、Lプランだと7マイル貯まる仕組みです。要するに一ヶ月間毎日Yahoo! JAPANにアクセスするだけでSで30マイル、Mで90マイル、Lで210マイルが獲得できます。Mプランだとこれだけで翌月のデータ利用量(通信できる上限)が0.5GB増え、Lプランだと1GB増えます。

 

くじ引きでパケットマイレージをGet!!

さらに5日間連続でアクセスすれば、くじ引き(パケくじ)に参加でき1回につき0から200マイルの獲得できるようになっています。Sプランの場合は毎日アクセスしても優遇を受けられる最低マイル(80マイル)に到達しないので、特典を受けとるにはこのくじでの当選が必須になります。毎日アクセスすれば一ヶ月で6回当選のチャンスがあります。これでマイルを稼いで翌月のデータ量増加を狙うことになります。

 

要するにパケットマイレージでマイルを貯めるには、毎日Yahoo! JAPANにアクセスして、さらにくじ引きで大きめのマイルを当てる。これに尽きます。M, Lプランでもさらなるデータ通信量の獲得にはやはりくじ引きでの運が必要になります。運が良ければ200マイルを何回も当選させ、600マイル到達で翌月データ無制限を獲得することも可能です。

 

パケットマイレージは毎日Yahoo! JAPANにアクセスしてアクセスマイルを稼ぎつつ、連続アクセスでのクジでの運が試される制度になっています。

 

使えば貯まるパケットマイレージ

パケットマイレージ 賢く通信制限をアップする裏技とは?!

では、このワイモバイルのお得なパケットマイレージを貯めるには何が必要か?

まずは、Docomoや、ソフトバンク、auなどの高い月額を払っているスマホや携帯から、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を使いワイモバイルの格安スマホに乗り換えるか、新規でワイモバイルを使います。
ワイモバイルの場合、1回の通話時間が10分なら月300回までは無料や、最新のスマホを使う場合でもMNPなら端末代金0円で使えます。

 

割引率で言うなら楽天モバイルも負けてない

ワイモバイルもそうですが、最近増えてきた格安スマホ。ワイモバイルで大丈夫ですかぁ?!わざわざマイルを貯めるより、もっと簡単にポイントを貯めるなら楽天モバイルです。ワイモバイルも楽天モバイルもDocomo回線を使っているのでエリアは同じ。後は、自分のお気に入りの端末と料金の問題ですよね。

 

ワイモバイルの料金

スマホプランS(1G) 2,980円
スマホプランM(3G) 3,980円
スマホプランL(7G) 5,980円

通話料金は、他社ケータイ・固定電話へは1回あたり10分以内・月300回までなら無料です。
これ以外には、端末代金が掛かるので、実際には3千円台で使うことが可能です。

 

楽天モバイルの料金

コミコミプランS 1,880円
コミコミプランM 2,480円
コミコミプランL 2,980円

楽天モバイルは、コミコミプランというサービスで、スマホとデータ通信、5分かけ放題が付いてこの値段です。
また、楽天ポイントもたまるので、どちらかと言うと楽天モバイルのほうがお得です。

 

月額千円台から使えるので、あまり使わない人でも、今のスマホの月額代より4〜5千円程度安くなる計算です。
公式サイトはこちら⇒【楽天モバイル】